さえない人間が出会ったとき

何をやってもさえない人間が恋愛をしてさえるようになるなんてことがあるのでしょうか?何を様になっている人間が恋愛をすると余計に持てているようにみえるのはなぜでしょうか?今までは恋愛のことなんてだれも教えてくれなかったけど、急に同じクラスの異性を意識するようになって、いつしか恋心を覚えるようになった。初恋は幼稚園の先生だなんて言っている場合ではなく、単に本当に頭からその人のことが離れないでいつも何をしているのかふとした時にかんがえるようになる。特に男女としてので差異を意識するのはこの恋心を覚えて体と思う。初恋の体験は人にそれぞれ年齢がことなっているものの、はじめての感情なだけあってその人とどうしたいとか要望がなく、ただただ見守るだけが精いっぱいの時期、青春時代はほとんどの男女が経験しているのではないでhそうか?

いつまでも恋愛ができない時

異性を意識する事はどういうことか・・・そこに性が絡んでくるのだから当然その先のことを想像の世界で楽しむことは自由なのです。それが想像だけにとどまらずどうしても現実のものにしたいという時に「恋愛したい」と言う強い願望が生まれる。底から上手に相手との距離を縮めることができたとしても、その先に待っているのは不安なんです。それもそのはず、恋愛は不安と安定の間をつねにいったりきたりする情緒不安定な気持ちがずっと続いている状態で、人間は安定をしている時よりも不安な感情をもっている時の方がちょっとしたきっかけで全てを崩してしまうのです。出会ってから、恋が始まるまではとってもはやいもの。そこから恋愛に変わるのは本人の努力次第、でもそこから落胆するのはあからさまにすぐそこにあるんです。

不安定な恋愛を好むワケ

恋愛なんてしてない時が一番楽しい。勝手に相手のことを想っている時が一番楽しい。これが理解できるようになるのは初恋から暫くしてからのこと。出会いを探している人は自ら、情緒う安定の世界に飛び込もうとしていて、上辺だけの安心感に満たされようとしている・・・いつだって辛い時があったから今だに出会いを探しているのではないでしょうか?もしかしたら今まで以上に素敵な人が現れるんじゃないかと言う事に期待しているだけなのでは?

PR
童貞卒業して大人の仲間入り!童貞の方は必読です!

このページの先頭へ